スポンサードリンク

ウコンとは

ウコンとは

ウコンは熱帯アジアを原産地とするショウガ科クルクマ属に分類される多年草植物で、高
温多湿な場所に生息するため、南アジアを中心に、アジア、アフリカ、中南米の各大陸の
熱帯から亜熱帯にかけて広く自生していますが、


日本では、沖縄県と鹿児島県のごく一部をのぞいて自生しているところは少なく、


琉球王朝時代より、民間薬として受け継がれ、その根茎にはミネラルなどの健康に不可欠
な成分が多く含まれ、優れた効能があることが知られ、


優れた生薬として、ウコン 栽培に力を入れ、食用や染料として古くから利用され琉球王

朝の財政を支えたのは秋ウコンといわれています。


沖縄では、ウコンを“ウッチン”と呼ぶこともあり、


健康のためにウコン茶として飲用したり、料理に入れるなど、古くからウコンの力でしょ
う、民間薬として利用されてきました。


東南アジアには、クルクミンの含有量が多く薬効が強い変種があり、現地名のクニッツと
か別名クスリウコンという呼び名で日本でも流通しています。


クルクミンは秋ウコンより格段に多く含まれ、さらに亜鉛の含有量も多く、根茎の断面の
色が濃いオレンジ色で、そこからも色素分のクルクミンが多い事が分かります。


効果も秋ウコン
より高く、秋ウコンは少し泥臭いですが、クニッツは香りもよく、

インドネシアでは健康保険薬として古くから愛用されてきたそうです。




タグ:ウコン
posted by turmeric at 16:34 | ウコンとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ウコンの効能 事典」の先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。